もっと上手な伝え方

 

皆さんおはようございます。

今日も天気がスッキリしませんが

気持ちだけは明るく一日過ごして

行きたいですね。

 

さて毎日朝早くからブログを書き綴って

おりますが実際に書いている内容は

日常の他愛もないお話しです。

そんなくだらない話でも憂鬱な朝の

笑いや元気のネタになればと

思い書かせて頂いております。

 

 

突然ですが皆さんは人との会話って

得意ですが?

得意な人なんてはあまりいない

でしょうか。

 

実は私もそこまで得意じゃない

のです。

 

え?

嘘つけ?

 

いやほんとです。

(^^;)

 

新社会人一年目の当時は、毎日上司に

怒られてばかりいたんですよ。

声が小さいとか言葉使いが下手

だとか言われ、毎日自宅に帰っては

深夜迄一人壁に向かってトーク練習を

していました。

 色黒で仏頂面の上司が熊のように

見えて・・。

蛇に睨まれたカエルのように

緊張のせいで余計に口が回らず

怒鳴られるそんな日々の繰り返し

でした。

 

今思えばその上司のお陰でここまで

会話ができるようになったと言っても

過言ではありません。

今では考えられないでしょうけど

当時は辛くて辛くて。

(^_^;)

 

 

やはり言葉は大切だなって

今更ながら思います。

例えばブログのような声に出せない

記事を書いた時、読み手がどう捉えるか、

読み方によっては其々感じ方も違うからです。

 

 

例えば会話や文章に背景を連想させる

擬音語等を盛り込むと良いです。

会話に少しアクセントを付ける事によって

聞き手に与えるインパクトが全然違うと

思うのです。

 

例えば

「雨が降ってきた」ではなく

「雨がザァーザァー降ってきた」

 

『鍋が煮えた』だけでなく

『グツグツと鍋が煮えた』

 

いかがですか?

一言を付け加えるようにする事で

その場の光景が思い浮かんでくるのです。

 

ほら!

テレビに出てくる芸人さんを

思い出して欲しいのです。

あの人達はいつも面白い事を

言ってる訳ではありません。

普通の会話を大袈裟に表現する事で

面白おかしく表現しているのです。

 

会話がちょっと苦手な方は参考に

していただけると幸いです。

言葉ってちょっとした事で

見違えるように変わりますよ。

 

それでは今日も一日宜しく

お願い致します。

皆さんマスクをしてウイルス対策

を忘れずに!

行ってらっしゃい。

(^O^)